福祉

デイサービス本格稼働

デイサービス本格稼働

6月1日よりデイサービスの一部自粛を解除いたします。特にサ高住の入居者さまは4月8日からデイサービスのご利用を休止していましたが、広い浴場での入浴、リハビリ、レクレーションなどで、QOLとADLともに向上を目指してご利用を再開させていただきます。高齢者にとって…
日曜日に思うこと…

日曜日に思うこと…

誰もいない日曜日のデイサービスで思う。介護のお仕事、お年寄りをとおして、人生の素晴らしさを学ぶことができるお仕事。こんな素晴らしいお仕事は他にないと思う。辛いこと、しんどいこと、苦しいことがあるけども、一日はおわり、また明日という一日がやってくる。そうやって歳…
マスクの寄付

マスクの寄付

地域の提携病院と地域包括支援センターに、マスクを寄付させていただきました。病院では、やはりマスクが不足しているとのことですが、マスクを洗ったり滅菌したりと苦心しながら励んでいるようです。ほんとうに医療従事者の使命感には頭がさがります。西栄寺は、マスク以外にも、…
デイサービスの営業について

デイサービスの営業について

国の「緊急事態宣言」が発出されました。さらに大阪府からも施設の使用制限についての要請がありました。そのなかで、デイサービスの休業要請については、感染予防に取り組みつつ継続するように示されています。しかし同時に、在宅で介護が可能な利用者は控えていただくように示さ…
〝聞き屋〟一新!

〝聞き屋〟一新!

ヨシダ介護部長が密かに平成22年から続けている「聞き屋」活動も今年10年をむかえます。僧侶として、人のお話を聞くのみの活動ですが、人にはそれぞれ多くの物語があり、それをを聞いてきました。人は、支え合わなければ生きていけません。その支え合う手段として「聞く」こと…
介護事務の負担軽減策

介護事務の負担軽減策

中小の介護事業所のほとんどは、事務員を雇用する余裕はなく、職員はケア業務を最優先し、事務作業を後回しにせざるを得ない状況です。私たちの介護事業部においても、事務長とともに管理職や現場リーダーは夜遅くまで残業し、なんとか事務作業をこなすような状況です。以前より、…
にこぽんデイの外部研修

にこぽんデイの外部研修

にこぽんデイサービスの研修で〝大石順教尼の記念館〟に行きました。社会福祉の源泉をひもとけば、宗教的コミニティーの互恵精神に行き着きます。お寺の介護はいにこぽんは、そのような宗教的コミニティーに限らず、地域福祉の担い手として奮闘していますが、この意義は、お寺の方…
新しい仲間

新しい仲間

〝お寺の介護はいにこぽん〟に5名、新しい仲間が増えました。5名とも地域の福祉を担ってきたエキスパートで、そのような仲間が加わった〝お寺の介護はいにこぽん〟の前途は希望にあふれています。11月1日現在、お寺の介護はいにこぽん全体で総勢53名の職員が在籍しており、…
にこぽん全体研修

にこぽん全体研修

お寺の介護はいにこぽん秋の全体研修を実施しました。今回は、いつも通り西淀病院さんからドクターをお招きした講義と、にこぽんでは初の試みとなる〝グループワークを〟行いました。スタッフ皆、積極的に意見を述べて意見交換ができました。何よりの収穫は、普段、業務上あまり関…