介護事務の負担軽減策

中小の介護事業所のほとんどは、事務員を雇用する余裕はなく、職員はケア業務を最優先し、事務作業を後回しにせざるを得ない状況です。
私たちの介護事業部においても、事務長とともに管理職や現場リーダーは夜遅くまで残業し、なんとか事務作業をこなすような状況です。
以前より、介護業務の負担軽減については、介護保険給付に関する①提出書類の簡素化や②様式の標準化 ③ICTによる効率化 などの対策が重要だといわれてきましたが、11月27日に開催された〝第5回社会保障審議会介護保険部会介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会〟←(長いわ!)である程度具体的に示されました。特に提出書類のICT化に対する負担軽減の期待は大きく、ブラウザ入力ですべての申請が完了できれば、事務作業は相当軽減できると想像します。
(画像資料:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08069.html

2kopon
  • 2kopon

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です