にこぼん法要

西栄寺のお盆もなんとか無事に終えることができました。
お盆の最終日、締めの盆法要は「にこぼん法要」です。

お盆の間、ご先祖さまが、皆の様子を伺いにこの世に帰ってこられ、15日には又、極楽浄土のお戻りになられるといわれていますが、17日だともうすでにお戻りになっているのではないかと利用者さまが心配されるといけませんので、「みなさんのご先祖さまには、17日までお戻りの日を伸ばすように頼んでいます!!」と言って、みなさんと大笑いしながら楽しくお勤めをいたしました。

看病僧

日本仏教史のなかで、時に奈良時代は主に「官僧」という僧侶が政治を担う重要なプレイヤーでした。
一方で、民衆のなかに身を置き、その優れたキャラクターで絶大な人気を博した僧侶たちもいました。その代表的な存在が「行基」です。
彼らのような僧侶の中には、厳しい修行に耐え抜いた超人的な験力を基に、加持祈祷によって病苦を癒す「看病僧」が、現代でいう医者として各地で民衆からの信頼を得ていたと、平安初期に編まれた「日本霊異記」では伝えています。

仏教は、生きるための道を示す教えであります。その教えは、生きることの苦悩を滅する具体的な方法を教授しています。これは釈尊が教えを説いて2500年もの間受け継がれてきた普遍性がその事実を証明しています。
医学についていえば、特に現代医療は〝局地的治療〟が目的であり、人間の本性を癒すものではありません。
生きるために大切な〝抜苦与楽〟を施すのが現代の「看病僧」ではないかと考えます。

ダライ・ラマのことば

「人類に関してもっとも驚いていることは、
人は、お金を儲けるために自分の健康を犠牲にし、
健康を取り戻すためにお金を犠牲にする。
そして、将来を不安がって今という瞬間を満喫できません。
結果的に、現在にも将来にも、どこにも生きることができないのです。
人は、あたかも自分が死なない者であるかのように生きています。
そして〝本当に生きる〟という経験をしないまま死んでしまうのです。」

ーダライラマー チベット仏教の最高位で世界的賢者

考えさせられることばです。
不安要素が取り巻くなかでこそ、
わたしたちはしっかりと前を向いて
生きていかなくてはなりません

浄土和讃

お寺の介護ではコロナ対策に必死です。
利用者さまもスタッフも誰一人感染してほしく無い!
わたしは、強い気持ちで念仏を申します。

ー浄土和讃ー
比叡山の最澄大師は
国土の人民をあわれみて
七難災難消滅の誦文は
南無阿弥陀仏を称えるべしと

お彼岸

デイサービスの利用者様が、
デイサービスのエントランスにある
マニ車を回しながら合掌されています。

お寺の介護では、お彼岸には必ず法要を営みます。
利用者様はそれぞれ様々な宗教宗派を信仰していますが、
ご先祖を想い、生かされている喜びを感謝する気持ちは、
みなさん一緒です。

合掌

ご法事

介護の利用者さまがご往生なされて早1年が経ちました。
本日は、西栄寺の本堂で一周忌を執り行い、ご親族はもちろん、介護職員やお寺の職員も一緒にご供養をさせていただきました。
私たちは、お寺の介護として、利用者さまがご逝去なされた後も、介護職員や僧侶ができるだけ関わり、残された方々の支援と仏さまのご供養などのお手伝いを致しております。
利用者さまの想い出話などを皆でわかちあいながらお偲びするのが、私たちお寺の介護の在り方です。

永代経法要と秋祭り

本日は、大本山西栄寺の永代経法要と秋祭りを開催しました。
永代経法要は、「亡き人に教えられ育てられ」のいわれ如く、秋の実りを前にして、あみださまやご先祖様、亡き人に、感謝の念を供える法要です。
それに併せて、縁日としての屋台や、踊りやバンド演奏などの催し事で檀信徒さまとの交流を図ります。

花まつり

友人の僧侶が〝サクマ・ドロップス〟の花まつりバージョンを、なんと4ケース48個も贈ってくれました。
花まつりとは、言うまでもなくお釈迦さまがお生まれになった日におこなう法要ですが、甘露を小さなお釈迦像に掛けてご利益を念じると良いとされています。
友人から賜った〝サクマ・ドロップス〟は近所の子供たちに粗供養としてプレゼントしました。

それにしても、子供たちの笑顔というのは、ほんとうに輝かしくて素晴らしいものです。子供たちの明るい未来を心から念じています。

こどもたちの笑顔があまりに素晴らしいのでサイトにアップさせていただいたことどうぞご容赦下さい。